『恋のカタチ』 Anna
評価:
Anna
Geneon =music=
¥ 1,500
(2008-09-24)

今更ながらBON-BON BLANCOのANNAのソロアルバムを購入(中古でだけどねw)。
BON-BON BLANCO時代と比べるとあの時以上にアイドル路線ぽい雰囲気だけど歌唱力は流石だし、楽曲も好みはあるだろうが悪く無く俺は結構好き。
もっともこのアルバムリリース後、2年以上1枚もCDを出せてないのでセールス的にはかなり厳しかったのかな?

BON-BON BLANCO時代にアイドル的な扱いに納得して無かった風だったのに、ジャケットも曲調もBON-BON BLANCO時代よりアイドルっぽいというのが皮肉めいてるね。
彼女がどんな音楽をやりたいのかイマイチ判らないんだけど、BON-BON BLANCO時代は何回かライブに行ったりCD買ったりして応援してただけになんとか生き残って(本人とって)納得のいく会心作を出せる日が来るといいね。
| [音楽] 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
『voice』 bump.y
チョット前から、コンビニに行った時に店内でBGMとして流れてて気になってた曲。
歌声や声質からアイドルグループが歌ってるんだろうって事くらいしか判らない上に歌詞も全く記憶に残っておらず(メロディーは覚えてたんだけど)ツイツイ知らないまま放置してたのですが、たまたまネットしてる時に思い出してググって曲名調べました。

なんか小学校や中学校の音楽時間に合唱させらるような雰囲気の曲で、なかなか良い。
ようつべでPVあったから見たけど、メンバー随分と年齢に開きあるのね。
モー娘。やAKBみたいな大所帯なら兎も角、少人数のグループだと珍しい気がする。(もっとも最近のアイドルは良く判らんので普通の事なのかも知れないが)
てか、何処かで見た事あるなって子がいてウィキペディアで調べたら桜庭ななみと松山メアリだった。
どっちも女優&グラビア活動してるから見覚えあったんだね。

| [音楽] 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
『Bye Bye Blue』 The gardens

10年以上前に生理用品のCMソングに使われていた曲。
サビの部分がインパクトあって凄い好きだった。
当時から気になっていたとはいえ、特に調べたりもせず放置してて、つい最近まで何故かほぼ同時期に活動してたFavorite Blueってグループの曲だとばかり思ってたという・・・
そりゃCDショップや中古屋で探しても見つからんかったはずだわ。
思い込みって怖いねw
↓はこの曲が収録されてるアルバム、近所のCDショップで見つけたから買ってしまったよ。この曲しか聴いてないけどw
ガーデンズ,おちまさと,Junko,伊秩弘将,Shoko,田辺恵二
トイズファクトリー

| [音楽] 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
『エレクトリックガール』 中ノ森BAND
評価:
中ノ森BAND
TEICHIKU ENTERTAINMENT(TE)(M)
(2008-03-05)

既に解散したバンドのオリジナルとしては最後アルバム(解散が決まってからベストアルバムを出している)を今更ながら聴いてみた。
知人から貰った要らないCDの中にあった1品で、バンド名がイロモノっぽくてフザけてんの?って感じだったから全然期待してなかったのに意外や意外、結構良かった。
特にボーカルの声、なんでも食わず嫌いは良くないね。
| [音楽] 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
『In the souk』 瓜生明希葉
評価:
瓜生明希葉
バウンディ
¥ 2,400
(2010-05-12)

瓜生さんの新譜をフラゲしてきました。
約1年半ぶり通算5枚目(フルアルバムとしては3枚目)のアルバム『In the souk』は全11曲収録。
ライブやHPなんかで聴いた曲が半分以上を占めてますが、殆どの曲がアレンジが異なるのでそんなに気になりません。

既に5回ほど通して聴いてるんだけど、今回も良いわ。
マジ捨て曲無い。(前はあったんか?って話だけどw)
歌詞カードも相変わらず凝ってて、1stアルバムの『キャメレオン』以来の中綴じ製本。
(それ以外のアルバムの歌詞カードは紙1枚にギッシリ書いてるタイプだった)

どの曲も良いんだけど、初めて聴いた曲ではM-7〜9に並んでる「水玉ドレス」「door's」「ROUTE66」の3曲が今までの楽曲には無かった雰囲気があって強く印象に残った。

ライブで聴いた事のある楽曲もライブの時とはアレンジが変わってるから、それも新鮮に感じた。
特に「バイバイ、メランコリー!」はSOLE CAFEでのライブで聴いた時はイマイチっぽいって思ってたんだけどCDで聴いたらかなり良くて自分の聴く耳の無さに凹んだわ。

何年も前にHPで発表済みの曲「tool mouth」(ライブでは1曲目に唄われる事が多い定番曲、リンクをクリックしたらフラッシュ動画でフルコーラス聴けます)だけがアレンジとか全部元のまんまっぽい。

ただ良くも悪くも『キャメレオン』の頃とは大分変わったね。
俺の中ではこのアルバムは『キャメレオン』を越えたように思います。

歌唱法などで好き嫌いがハッキリしそうなタイプのアーティストですが、本作も上質なポップス揃いなので、ひとりでも多くの人に聴いてもらいたい。
| [音楽] 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |