<< 2009 J1 第33節 vs鹿島アントラーズ | main 33節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
亀田興毅が2階級制覇
WBCフライ級タイトルマッチ12回戦、内藤大助vs亀田興毅の一戦は判定で亀田興毅(以後1号)が勝利しLフライ級に続き2階級制覇を達成した。

戦前は内藤が勝つと思っていたが、結果は1号の勝利。
内藤の衰え(主にスピード面)もあったが、1号がスピード差を活かして上手く内藤をいなしてたね。
内藤は序盤にカウンターをマトモに喰らって鼻骨を折った(っぽい)のが後々響いたのかな?(見た目も悪かったし)
俺の自己採点では2ポイント内藤の勝ちだったんだけど(4Rと8Rのスコア発表との乖離に驚いたw)、結果3-0だから俺の見立てが亀田一家憎しでオカシイかったのかもしれないw

ま、試合後の顔をみたら1号の勝ちって言われても納得は出来るかな。
思ってたより良い選手だったし。(ビックマウスと実際の試合内容の乖離でイメージダウンだけど)
ただ出来れば1年前に見たかった対戦かな。

次はポンサクレックとの統一戦(のはず)、そこが1号の正念場だろう。
防衛戦をせずに返上したりしないで貰いたいね。
| [スポーツ] 格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://omni-bus.jugem.jp/trackback/1187