<< 東アジアサッカー選手権2010 日本vs中国 | main プラスチック・ラブ >>
WBAフライ級タイトルマッチ デンカオセーンvs亀田大毅
ビフォーアフターや龍馬伝なんかと交互にザッピング視聴でシッカリみてた訳じゃないけど、判定は妥当だったと思う。
前回の対戦時の時にも書いたけどデンカオセーンはタイトルを獲得した時の坂田戦のイメージが強すぎて過大評価されていたのが俺の中で確定w

この試合の勝者は初防衛戦で坂田と戦う事がWBAから義務付けられていたはずなので、2号の真価を見極めるのはそれまでお預けとしておく。
試合をみて技術面ではノーモーションの右が有効だったね、ただそれで世界ランカーレベルをホイホイ倒せるだけの威力は無さそう。
スタミナとタフネスはあるので、強い王者は無理だろうが負けないしぶとい王者になれる可能性はあるかもね。

しかし、観ていて退屈な試合だったな。
| [スポーツ] 格闘技 | comments(0) | trackbacks(1) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://omni-bus.jugem.jp/trackback/1262
亀田大毅WBA世界チャンピオンに
亀田大毅がデンカオセーンに判定で勝ってチャンピオンになった。 亀田の勝因はノーモ...
| マインドコントロール受験勉強法 東大楽勝の秘密 | 2010/02/07 10:02 PM |