<< WBAフライ級タイトルマッチ デンカオセーンvs亀田大毅 | main セインツがスーパーボウル初制覇 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
プラスチック・ラブ
評価:
樋口 有介
東京創元社
¥ 672
(2009-06-20)

樋口有介の短編集、主人公は全て高校2年生の木村時郎というキャラで統一されているのだが作品ごとに家族構成や人間関係などの設定が異なっていてパラレルワールドみたいになってるのが特徴か。

表題作の「プラスチック・ラブ」には著者の別作品の主人公である柚木草平もチラっと登場してました。
著者の作品に他のシリーズの登場人物が登場するのは自分が読んだ中では初めてでチョット驚いた。
| [読書] 小説 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









トラックバック機能は終了しました。