<< いろいろ決まる。 | main 六本木ヒルズの天使 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
2010-2011シーズン結果報告
今シーズンは望外の成績で見事参加したPOGグループでブッチギリの優勝!
指名7頭、全頭勝ち上がり総勝利数が21!
G1・4勝を含む重賞8勝ってのも驚異的ですべてがハマりすぎのシーズンだった。
もうこんなシーズンは2度ないだろうねw

トーセンレーヴ・牡(栗)池江寿厩舎 戦績:7戦4勝(4-0-2-1)
クラス:OP
(父:ディープインパクト 母:ビワハイジ)
主な勝ち蔵:プリンシパルS・アイルランドトロフィー
デビューが3歳2月と遅れたが、プリンシパルSを制しダービー出走を果たす(結果は9着)。
秋初戦で古馬混合のオープン特別を制する等、期待は高まったが心室細動を発症。
幸い軽症だったが、当然の如く放牧へ。
来年の巻き返しに期待。
ヴィジャイ・牡(栗)松田厩舎 戦績:13勝(2-2-0-9)
クラス:1000万下
(父:ディープインパクト 母:オイスターチケット)
正直もっとやれる馬だと思うのだが、気性面の問題からか実力を発揮しきれていない印象。
もう少し落ち着いてレースが出来るようになれば…
ただそれでも2勝してんだから上出来っちゃ上出来か?
13回も出走して楽しませてくれたしね。
ホーマンフリップ・牝(栗)安田厩舎 戦績:3戦1勝(1-1-0-1)
クラス:1000万下
(父:フジキセキ 母:レーゲンボーゲン)
速攻系で上手くいけば2歳女王の目もあると期待してたが、デビュー2戦目の新潟2歳Sで発送前にゲート内で立ち上がってゲートに引っかかり競走除外になったのがケチの付き始め。
実質3戦目のファンタジーS2着で実力の片鱗を見せるもレース後に骨折が判明し長期離脱。
3歳秋に戦線復帰も再起戦で惨敗し再度放牧に出されたままシーズン終了。
アストロロジー・牡(栗)藤原厩舎 戦績:8戦2勝(2-1-1-4)
クラス:1000万下
(父:アグネスタキオン 母:アーキオロジー)
殿下の1番馬評価も終わってみれば2勝止まりで、期待値からすると正直期待ハズレ。
ダート馬だったのか?とダートを試されるも全出走レース中ワーストの結果に終わり、イマイチ適正が掴めないまま本日に至る。
正直、今後も大して出世しなさそうだねw
オルフェーヴル・牡(栗)池江寿厩舎 戦績:11戦7勝(7-2-1-1)
クラス:OP
(父:ステイゴールド 母:オリエンタルアート)
主な勝ち蔵:クラシック三冠(皐月賞・ダービー・菊花賞すべてG1)、有馬記念(G1)、スプリングS(G3)
POG参加以来初の牡馬G1制覇を味あわせてくれた上にクラシック3冠に有馬記念とPOGとしては最大級の成果を残してくれた。
有馬記念での直接対決で女王ブエナビスタを筆頭に古馬のG1ウイナー等を纏めて捻って、現在現役最強馬と言っても過言じゃない。
来年は凱旋門賞に挑戦するんだとか(有馬記念の疲れが大した事なきゃ、ドバイWCに挑戦する可能性もあるらしい)、POGの期間は過ぎるけど今後も追いかけたい名馬、どこまで強くなるんだろう?
しかしこんな良馬が5位で獲れた事自体も凄いねw兄は有馬と宝塚の両グランプリを制したドリームジャーニーだったのに。
レッドデイヴィス・騙(栗)音無厩舎 戦績:10戦4勝(4-2-0-4)
クラス:OP
(父:アグネスタキオン 母:ディクシージャズ)
主な勝ち鞍:シンザン記念(G3)、毎日杯(G3)、鳴尾記念(G3)
デビュー前に去勢された時は超ガッカリだったが、終わってみればG3ばかりながら重賞3勝と大活躍。
遅生まれで成長が遅れ気味だった時期とはいえ、三冠馬オルフェーヴルに複数回勝っているのは立派。
5月に京都新聞杯レース中に骨折し休養を挟むも、復帰後古馬との混合重賞(鳴尾記念)を制し春の活躍がフロッグでは無い事を証明。
有馬記念ではオルフェーヴルに惨敗したものの、マイル〜中距離の重賞では来シーズンも主役級の活躍が期待出来そう。
ハマればG1勝ちの期待も。
エイシンエンブレム・牡(栗)岡田厩舎 戦績:11戦1勝(1-2-1-7)
クラス:500万下
(父:Exchange Rate 母:Xtra Emblem)
一つ上の兄(エーシンウェズン)も指名してたので兄と同じ位走ってくれればと期待して指名したが、結果は…
それでもギリギリのタイミングで未勝利を突破してくれた時は素直に嬉しかったな、正直これ以上の上積みは無いだろうがw
| [POG] 2010-2011 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://omni-bus.jugem.jp/trackback/1844