<< 金が飛ぶ飛ぶ | main 心霊探偵八雲10 魂の道標 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
感想を書いたのはシリーズ4作目までだけど、チャンとラストまで読みました。
途中までは続きが気になって新刊の発売を首を長くして待ってたりした時期もあるけど、最終巻は無難に淡々と終わったね。
謎解きに関しては全く頭をひねる事無くアッサリ思いついたし、思いついた内容ほぼまんまで逆に呆気にとられたくらい。
一応、本編は完結だけどスピンオフ的な作品は今後も出る予定らしいですね。
もう自分で買ってまで読もうって気は無いので、母ちゃん文庫頼みになる予定。
| [読書] 小説 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://omni-bus.jugem.jp/trackback/2006