<< 2008天皇杯準決勝vs横浜Fマリノス | main 今年の生観戦結果。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
2007-2008シーズン指名馬情報 -結果-
前回も書いたけど主催者多忙のため集計結果は不明w
なので、指名各馬の戦績とコメントのみ書きます。
順位は判ったら追記したいと思う。
アドマイヤテンカ・牡(栗)松田厩舎
クラス:登録抹消
(父:アグネスタキオン 母:ビワハイジ)
獲得point:0
ひとつ上の全兄のアドマイヤオーラが重賞3勝(シンザン記念、弥生賞、今日と記念)+ダービー3着、ひとつ下の妹ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)が阪神JFを勝って2歳女王になるなど大活躍。
この馬が事故で安楽死処分になってなかったら、2007-2008シーズンは左団扇だったかも...残念無念。
カジノドライヴ・牡(美)藤沢厩舎 5戦3勝(3-0-0-2)
JRA2戦1勝(1-0-0-1)
クラス:1600万下
(父:Mineshaft 母:Better Than Honour)
海外3戦2勝(2-0-0-1)
獲得point:98
人災面でのトラブルが多く、デビューが大幅に遅れたり大一番前に負傷させてレースを回避など色々あったけど、2度の海外遠征で楽しませてくれた。
デビュー戦を現地観戦出来たのは良い思い出。
今年の指名馬、唯一の重賞勝ち馬(米G2:ピーターパンS)。
来年以降も楽しみな馬、心配なのは早熟血統っぽい事...
ラヴファンタジスタ・牡(栗)橋口厩舎 8戦1勝(1-1-3-3)
クラス:500万下
(父:ファルブラヴ 母:アグネスミネルバ)
獲得point:52
馬体は素晴らしいんだけど、結果がイマイチ伴わなかったのが残念。
デビューから3戦目までの勝てるレースで勝ち切れ無かったのが響いたね。
サンライズアイ・牡(栗)石坂厩舎 (地)村上厩舎 10戦0勝(0-2-0-9)
JRA8戦0勝(0-1-0-7)
クラス:未勝利
(父:フレンチデピュティ 母:サンデーアイ)
地方3戦0勝(0-1-0-2)
獲得point:24
全くの期待ハズレ。
地方へ転厩したものの、パッとしないし...
ダンジグマスター・牡(栗)森厩舎 6戦2勝(2-0-0-4)
JRA5戦1勝(1-0-0-4)
クラス:1000万下
(父:Danzig 母:Weekend Gold)
地方1戦1勝(1-0-0-0)
獲得point:26
2戦目で勝ちあがったものの、その後は休養が多く伸び悩んだ。
ココシュニック・牝(栗)松田厩舎 13戦2勝(2-5-1-5)
クラス:1000万下
(父:クロフネ 母:ゴールドティアラ)
獲得point:94
気性面が幼かったのか、なかなか本気で走ってくれなかったのが辛かった。
13戦して掲示板を外したのが僅かに2回と能力だけで安定した成績を残したが、勝てなきゃねぇ...
真面目に走ってくれさえすればクラシックでもソコソコ活躍できたと思うんだけどね。
ラインブレイク・牡(美)久保田厩舎[地方]中村護 9戦0勝(0-1-0-8)
JRA7戦0勝(0-1-0-6)
クラス:未勝利→登録抹消
(父:タニノギムレット 母:ワルツダンサー)
地方2戦0勝(0-0-0-2)
獲得point:23
地方へ転厩後はすぐに勝って中央に戻ってくる事を期待したけど地方でも惨敗続き。
ワルツダンサー産駒としては唯一の駄馬だったのかも知れない。
ただ久保田調教師のレースの使い方も意味不明で素人目に人災的な要素もあったような気がする。
ゴールデンルーヴェ・牡(栗)森厩舎 15戦3勝(3-1-1-10)
JRA13戦2勝 (2-0-1-10)
クラス:1600万下
(父:Kingmambo 母:Little Firefly)
地方2戦1勝(1-1-0-0)
獲得point:66
デビューが3歳になってからだったのに2007-2008シーズン指名馬の中で最多出走数を誇るタフガイ。
やや晩生な馬だったのか、夏以降にメキメキと力を付けてきた。
古馬になってからが楽しみな一頭。
フサイチダイチャン・牡(栗)松田厩舎 4戦1勝(1-1-0-2)
クラス:500万下
(父:フジキセキ 母:サドラーズメイド)
獲得point:29
脚部不安でデビューこそ3歳の3月と遅れたものの、デビュー戦の圧勝で大いに期待を持ったものの、2戦目の特別レース後に脚部不安で放牧へ。
長い放牧中にオーナーが代わったりと、ややドタバタした感じ。
11月に復帰するも2戦していずれも掲示板にすら載れず。
ケイティーズベスト・牝(栗)石坂厩舎 3戦0勝(0-0-0-3)
クラス:未勝利→登録抹消
(父:ファルブラヴ 母:ケイティーズファースト)
獲得point:6
2年続いたボブの下位指名牝馬は走る(フサイチパンドラ、クーヴェルチュール)のジンクスは3年目にして絶えた。
2歳の夏デビュー予定で当時は馬体が素晴らしく前評判が高かったのに、牧場でのトラブルで再三入厩予定が狂ってしまった。
3歳の未勝利レースが無くなる時期になんとか(っていうか無理矢理)入厩させてデビューしたものの素質の欠片も見せる事なく未勝利のまま出走出来るレースが無くなって引退。


こうやって振り返ると、今年の指名馬はトラブルが多かったね、それも防ごうと思えば防げた人災的なものが多かった気がする。
お陰でストレスがたまるシーズンだったが、カジノドライブの活躍には癒された&ワクワクできた。
レース当日に回避したものの米クラシックに挑戦したり、最下位に敗れたとはいえBCクラシックに出走するなんて中々経験できない事だしね。
| [POG] 2007-2008 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://omni-bus.jugem.jp/trackback/890